オリジナルシール作成でインパクトアップ

買い物をしてプレゼント用にラッピングしてもらったとき、もう少しインパクトが欲しいと思ったことはありませんか?逆に、もしあなたが店員なら、ラッピングにもその店のオリジナリティを出したいと思いませんか?とは言え、包み紙全体に店名やロゴを入れたりすると、プレゼントとしての興が削がれてしまいます。そこで、ワンポイントでインパクトをアップする方法をご紹介します。プレゼントを開けるときに最初に探すのが、包み紙を留めているシールです。多くの店では、雑貨店や文具店にあるような市販のプレゼント用シールを使っているのではないでしょうか。シールに目を引くようなオリジナリティを持たせれば、プレゼントの華やかさを損ねることなく店の印象を上げることができます。

好みのサイズやデザインを選べるオリジナルシール作成サービス

インターネットで検索すると、シール作成サービスを多数見つけることができます。公式ウェブサイトを持っているシール作成会社では通常、ネット上で注文できます。シール作成会社によってオプションに差はあるものの、ほとんどの場合、サイズ、デザイン、色、紙質、文字の書体を選ぶことができます。デザインについては、既成の数種類の中から選ぶ場合と、注文者がデザインデータを作成して注文時に送信する場合があります。後者の場合は、パソコンでデザイン作成ツールを使えることが必要になります。最小ロット数にも幅がありますが、中には1シートからの小口注文が可能なサービスもあり、自分の店の規模によって選ぶことができます。注文方法は、ウェブサイト上の注文フォームでサイズ、デザイン、その他のオプションを選び、入力文字とロット数を指定して送信するだけです。デザインデータを自分で作成する場合を除いては、基本的に簡単な操作で済みます。

シールにオリジナリティを持たせるには

こうしたシール作成サービスを使って店のオリジナリティを出すには、何を工夫すればよいでしょうか。デザインデータを自分で作成できればそれが一番のオリジナリティになりますが、そうでない場合は入力文字に工夫の余地がありそうです。市販のプレゼント用シールによくあるのが「FOR YOU」や「THANK YOU」などの簡単な英語文字ですが、あえて「おめでとう」や「感謝をこめて」など日本語文字にしてみると、目を引くかもしれません。さらに、「(店名)より愛をこめて」などメッセージの中に店名を入れれば、インパクトがアップすることは間違いないでしょう。シールという見逃しがちな小さなものでも、工夫次第で店の印象を上げるアイテムになります。プレゼント用シールだけでなく、通常の買い物袋を留めるシールも見直してみてはいかがでしょうか。