シール作成の方法を分かりやすく教えます

初心者でも手軽にオリジナルシール作成ができるのはご存知ですか。最近ではプリンターで使えるシール制作用のラベル用紙が通信販売などで簡単に手に入るので印刷所などに依頼しなくても自宅で簡単にシール制作をする事が可能になりました。貼ってはがせるタイプのものや布タイプのもの、屋外でも使えるUV保護機能がついたものまで種類も様々なものがでています。シール制作というと子供の為のものの様に感じる人もいるかもしれませんが、封筒やはがきの宛名用やCDやDVDに貼れるタイプのラベル用紙もありますのでデータの管理などの事務用品としても活躍しています。耐水性のものを使用すればお子様用のハブラシやコップの装飾もできます。仕事で使用するのはもちろん趣味の分野でも楽しめるシール制作を試してみませんか。

シール作成はプリンターとラベル用紙を使用して簡単に作れます

シール作成はプリンターとラベル用紙を使用すれば簡単に作ることができます。まずはシールにしたい素材を用意しましょう。写真やお子様の描いたイラストなどをスキャナーなどを利用してパソコン上に用意します。インターネット上にある著作権フリーの画像などを利用しても良いでしょう。画像ソフトを利用して希望のサイズにリサイズしたり、色味を調整したあとは用紙のサイズにあわせて印刷するだけです。印刷したあとはハサミを利用して切り抜きます。耐水性のタイプのラベル用紙を使用している場合にでもプリンターのインクによっては水に印刷が溶けてしまうこともあるので事前に対応したインクを用意しておくことも大切です。厚みが出てしまいますが、上からもう一枚耐水性のあるシートをかけるとより丈夫に長く楽しめるシールを作ることができます。

気になるプロに頼むシール作成について

シール作成は個人でも簡単に作ることが可能ですが失敗する可能性が高い時や、大量に必要になった場合などにはプロに任せるのもおすすめです。プロに任せる場合にはあらかじめ決められたデザインの中から選ぶものと自分のデザインをシールにしてもらう場合があります。決められたデザインの中から選ぶものは大量生産しやすいため値段も安く、比較的短い時間でシール作成をする事ができます。シール制作のプロに全てを任すことができるので何より失敗しにくいというメリットがあります。シールに使われる素材や耐久性などについての相談もできるのが魅力のひとつと言えるでしょう。一から自作するよりは自由度は減ってしまいますが、事務用品としてなど何度も必要になる場合にはプロに任せると高品質で安定したシール作成をする事ができます。