簡単で役に立つオリジナルのシール作成

持ち物などに名前を記入したり、マーキングをしたりといったことをしたいときに、いちいちものに書き込むよりもシールをはることが出来ると手軽です。既製品を使うのもよいですが、より使いやすくするためにオリジナルのシール作成をしていきましょう。文字を入れることはもちろんですが、名前を書かなくてもオリジナルのマークなどを入れておくと識別しやすくなります。まだ文字の読めないお子さんの持ち物に名前を付ける時にもこうしたマークは役立ちますし、大きさやデザイン的に名前を入れる余裕がないような場合も識別しやすくする効果があります。物のカテゴリーごとに色を変えるなどすると整理にも役立ちますね。暮らしやすくするために自分に合った形のシール作成をしていきましょう。

パソコンを利用して簡単に作ってみよう

まずは試しに自分で作ってみたいと思う方は、パソコンとプリンターでまず気に入ったデザインを印刷してみましょう。始めは普通の紙で印刷してみてもよいでしょう。小さめのデザインにすると作りやすく使いやすいです。印刷後の紙の裏から両面テープを貼り、形に合わせて切っていけばオリジナルシールが出来上がります。裏の紙をはがすだけでシールと同じようにつかえますから、まず一度試しに作ってみたいという方にオススメの方法です。頻繁に触るものなどは保護のために透明なテープを上から貼っておくと使いやすくなるでしょう。簡単にできるのでお子さんと楽しみながら作ってみてもよいでしょう。大きさもデザインも自由に調整できますから、自分なりに工夫をしてシール作成を楽しんでみてください。

もう少し本格的に作ってみるなら

大量に使いたい、本格的にシール作成をしたいという場合は、シール用紙を購入して作ってみましょう。紙に印刷するようにシール用紙に印刷をすればよいのです。切り込みの入っていないフリータイプのものなら自由に印刷ができますが、切り離す手間がかかります。逆に一枚一枚外せるように切り込みが入っているものはシールとして使いやすいです。多くの枚数をとるような場合はこちらの方が便利でしょう。決まったフォーマットで印刷しなくてはなりません。印刷がずれると使えなくなります。一長一短があるので、自分の使い方などを考えながら使う用紙タイプを選んでみましょう。こうした便利な用紙を利用して、思い通りのシール作成にチャレンジしていきましょう。生活に役立つアイテムになるはずです。